トップ > まなび舎 > Study Hall > Study Hall vol.32

大西暢夫写真展
「ひとりひとりの人―精神科病棟取材17年の記録」&
ドキュメンタリー映画『オキナワへいこう』上映会&トーク

 

  「ひとりひとりの人―僕が撮った精神科病棟―」は大西暢夫さんが長きにわたって撮り続けた精神科病院閉鎖病棟の患者さんたちの写真展です。
 そこには、入院治療という苦労の中でも、屈託ないおだやかな笑顔を見せる患者さんたちで溢れています。「病」とはなにか、「障害」とは何かを問い、精神科病棟に長期入院している多くの人たちに想いを馳せる展示です。
また、映画「オキナワへいこう」は、大阪にある精神科病院、浅香山病院のスタッフや支援者が長期入院患者たちと一緒に沖縄旅行へ行くまでの挑戦を追ったドキュメンタリー作品です。上映を挟んで大西さんのトークイベントを開催します。

 
 

 

 

開催概要

日時 

2019年10月23日(水)~27(日)

12:00~19:00(最終日は18時まで)

場所

早稲田スコットホールギャラリー

参加費

入場無料、申込不要

【同時開催】
ドキュメンタリー映画『オキナワへいこう』上映会&監督トーク

 
大阪の精神科病院に長期入院する患者さんの「沖縄旅行に行きたい」という夢を実現するために、患者さんが中心となり、病院のスタッフや支援者たちと一緒に主治医の説得を試みます。沖縄旅行をきっかけに退院する患者、沖縄旅行が叶わず入院し続ける患者。沖縄旅行を軸に「精神科病棟の長期入院」の現実をユーモラスに描いたドキュメンタリー映画です。映画上映の合間には監督の大西暢夫さんに登壇いただき、映画にまつわるエピソードや、なぜ患者さんたちを撮り続けるのかなど、お話しを伺います。
「オキナワへいこう」公式Facebookページ
 

 

日時 

2019年10月27(日)のみ

①映画上映会 13:15-14:45

②監督トーク 15:00-16:00

③映画上映会 16:15-17:45

場所

早稲田奉仕園内 YOU-I Hall

講師

大西暢夫さん(写真家・映画監督)

定員

①、②、③、各回70名ずつ

参加費

【映画&トークセット】 1500円(先着順)

【映画のみ】 1000円(先着順)

※映画は①、もしくは③のお好きな回をお選びいただけますが、数に限りがございますのでご注意ください。

※トークのみのご参加はいただけません。

※参加費は当日現金にて頂戴いたします。事前のお振込みは不要です。

申込方法

以下「お申込みはこちら」よりフォームをお送りいただくか、

メール、電話にてお申込みください。

申込締切

2019年10月19日(土)

講師紹介

大西暢夫(おおにし・のぶお) さん

1968年岐阜県揖斐郡池田町育ち。東京綜合写真専門学校卒業後、写真家/映画監督の本橋成一氏に師事。1998年にフリーカメラマンに。2010年11月より故郷の岐阜県池田町に拠点を移し、現在は 東日本大震災の取材を続けながら支援を行っている。映画「オキナワへいこう」「家族の軌跡」「水になった村」、書籍「おばあちゃんは木になった」「ここで土になる」「津波の夜に」「水になった村」など他多数。
 

対応するまなび舎と活動舎


まなび舎

STUDY HALL

活動舎