トップ > まなび舎 > Study Hall > Study Hall vol.21

町を歩いて本のなかへ~早稲田から一箱古本市へ~

東京の谷中・根津・千駄木で2005年からはじまった「不忍ブックストリートの一箱古本市」。段ボール一箱分の本を路上で販売するこのイベントは、いまでは日本各地に広がっています。その発案者である南陀楼綾繁さんは、各地のブックイベントに関わったり、東日本大震災後に石巻市で〈石巻まちの本棚〉の運営に携わるなど、「町と本と人」をつなぐ活動を行なってきました。その南陀楼さんが、大学と古書店街、図書館のある早稲田で過ごした青春期のエピソードから、「本のある場所」についての思いまでを語っていただきます。
 
参考図書
『本好き女子のお悩み相談』ちくま文庫
『町を歩いて本のなかへ』原書房

開催概要

日時 

2018年622日(金) 19:00〜20:30

会場

早稲田奉仕園内スコットホールギャラリー

講師

南陀楼綾繁さん(ライター・編集者)

定員

30名(状況に応じて定員を引き上げる場合もあります)

参加費

一般1000円、学生500円

※参加費は当日現金にて頂戴いたします。事前のお振込みは不要です。

申込方法

以下「お申込みはこちら」よりフォームをお送りいただくか、メール、電話にてお申込みください。

申込締切

2018年6月15日(金)

講師紹介

南陀楼綾繁さん(なんだろう あやしげ)

1967年、島根県出雲市生まれ。ライター・編集者。早稲田大学第一文学部卒業。明治大学大学院修士課程修了。出版、古本、ミニコミ、図書館など本に関することなら何でも追いかける。2005年から谷中・根津・千駄木で活動している「不忍ブックストリート」の代表。「一箱本送り隊」呼びかけ人として、石巻市で本のコミュニティ・スペース「石巻まちの本棚」の運営にも携わる。本と町と人をつなぐ雑誌『ヒトハコ』編集発行人。

対応するまなび舎と活動舎


まなび舎

STUDY HALL

活動舎