トップ > まなび舎 > 「あるがままに」上映会

アジア語語学講座特別イベント
インド映画『あるがままに』上映会

インド映画『あるがままに』上映会(主催:HMIホテルグループ主催、共催:早稲田奉仕園)を下記の通り開催します。
映画『あるがままに』は、今年6月に東京外国語大学で初公開され、「高齢者問題」「介護」「家族」をテーマにした話題作です。
この機会にアジア語学講座受講生の方、アジア、インドに関心のある方にぜひご覧いただきたくご案内いたします。ご参加をお待ちしております。

【あらすじ】
父が忽然と姿を消した____。
町の雑踏を悠然と歩く美しい象。一人の老人が、その象に心を奪われ、ひたすらにあとを追う。象使いは見知らぬ老人を追い払おうとするが、老人は少年のように無邪気にほほ笑むばかりで、そばを離れようとしない。困り果てた象使いは、妻の待つ川辺のテントに老人を連れて帰る。老人は、安住の地を見つけたかのように、象のそばで安らぐのであった。

舞台は西インドのマハーラーシュトラ州プネー。インド古典文学と哲学の権威シャストリ博士は、かつて東洋学研究所の長であった。二人の娘はそれぞれ独立し、博士は自宅で書生と暮らしていたが、アルツハイマー型認知症の兆候が現れ、記憶が失われつつある。娘夫婦が同居を試みるも、育児と介護の両立はたやすいことではなかった。父が姿を消したのは、そんなある日のことである。
偶然が引き合わせた二つの家族。誰にでも等しく訪れる老い。父の不在で立ち現れてきたものとは____。
2013年 インド国家映画賞脚本賞受賞作。
画像をクリックしていただきPDFをご覧ください。
PDFファイル(5MB)

 

開催概要

日時 

2018年10月26日(金)18:45開映(18:15開場)

会場

早稲田奉仕園スコットホール

上映時間

123分(日本語・英語字幕付き)

定員

200名

参加費

無料/全自由席

主催

HMIホテルグループ

共催

公益財団法人早稲田奉仕園、東京外語大学南アジア研究センター(FINDAS)

公益財団法人在日インド商工協会(ICIJ)、ホテルマネージメントインターナショナル株式会社(HMI)

申込方法

以下「お申込みはこちら」よりフォームをお送りください

申込締切

2018年10月19日(金)

対応するまなび舎と活動舎

 

まなび舎

アジア語語学講座

活動舎