language3.jpgヒンディー語講座

hindi-pagetop.jpg

ヒンディー語講座 2016年度前期開講クラス

  • 入門クラス(初学者対象)

ヒンディー語入門クラス(初学者対象)

開講日
2016年4月20日(水)
開講日1週間前の時点でお申込み人数4名以上で開講(全14回)。3名以下の場合は開講を見合わせます。
曜日・時間
水曜日/19:00~20:30/週1回/全14回
授業スケジュール
4/20, 27, 5/11,18, 25, 6/1, 8, 15, 22, 29, 7/6, 13, 8/24, 31
授業スケジュールはこちらからダウンロードできます(PDF)。
費用
受講料:33,600円(税抜)
教材費:実費
テキスト
ニューエクスプレスヒンディー語(白水社/2,300円[税抜])
(副教材)旅の指さし会話帳22インド(国際情報センター/1,620円[税込])
クラス案内
初めてヒンディー語を勉強する方が対象のクラスです。テーヴァナーガリー文字の読み書き、発音、基本の単語と文法を学び、あいさつや自己紹介といった初歩の会話ができるようになることが目標です。 文化や生活や社会についても一緒に学んでいきましょう!
開講状況
定員に達し、申込受付を終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。

授業内容(目安)

[1]4/20
文字と発音①、挨拶表現①
[2]4/27
文字と発音②、挨拶表現②
[3]5/11
文字と発音③、簡単な自己紹介
[4]5/18
文字と発音④、呼びかけの表現
[5]5/25
文字と発音⑤、簡単な依頼表現
[6]6/1
人称代名詞とコピュラ「私は日本人です」
[7]6/8
形容詞と名詞「元気ですか」
[8]6/15
後置格「私は家にいます]」
[9]6/22
命令・依頼形「ビールを一本ください」
[10]6/29
所有表現「何ルピー持っていますか」
[11]7/6
目的語「この本を見せてください」
[12]7/13
未来形「来週どこに行くつもりですか」
[13]8/24
現在形「私は東京に住んでいます」
[14]8/31
今までのまとめ
  • 授業内容は、受講生の学習ペースや希望によって変更となる場合があります。あくまで目安としてご了承ください。

ヒンディー語初級~中級クラス(学習経験者対象)

初級2

ヒンディー語初級2クラス

開講日
2016年4月19日(火)
曜日・時間・授業スケジュール
火曜日/19:00~20:30/週1回/全14回
授業スケジュールはこちらからダウンロードできます(PDF)。
費用
受講料:33,600円(税抜)
テキスト
ヒンディー語教本(アジア・アフリカ語学院)
クラス案内
学習経験1年程度のクラスです。過去形を中心に時制による変化を学んでいきます。基礎的な文法を学びながら、少しずつ会話表現も取り入れていきます。
開講状況
開講を決定しました。追加申込受付中です。

中級

ヒンディー語中級クラス

開講日
2016年4月21日(木)
曜日・時間・授業スケジュール
木曜日/19:00~20:30/週1回/全14回
授業スケジュールはこちらからダウンロードできます(PDF)。
費用
基本受講料:33,600円(税抜)
教材費:実費
テキスト
ヒンディー語教本(アジア・アフリカ語学院)
やさしい英語で日本案内(学研プラス/864円[税込])
クラス案内
初級文法の締めくくりとして、関係詞や不定形といった文法表現を学びます。教本を終えた後には、「やさしい英語で日本案内」をテキストに使用し、学んできた文法事項を実践的な会話の場面で使えるように学んでいきます(英語を学ぶテキストですが、登場する場面や表現をヒンディー語に置き換えて学びます)。お互い協力しあって授業に取り組む和やかな雰囲気のクラスです。
開講状況
開講を決定しました。追加申込受付中です。

application_icon2.jpgapplication_icon2.jpg

participation_icon2.jpgparticipation_icon2.jpg

width225_native2.jpg

講座を担当するのは、ことばを教えた経験が豊富な、情熱をもった先生方です。ことばのプロが教える丁寧な授業で、楽しみながら学んでいきましょう。

width225_syouninzu2.jpg

基本的に4名からの開講で、平均6~7名前後のクラスです。 アットホームな雰囲気のなか、きめ細かい指導が受けられ、 おひとりずつの発話のチャンスも多くなっています。

width225_cooking2.jpg

授業では現地の習慣や社会事情にもふれ、言葉の背景にある文化についても理解することをめざしています。
料理教室や講演会、映画上映会など、様々なプログラムを開催しています。

■講師紹介

雪下洋一先生

waseda-d0502.jpg文明の黎明期から現代まで、日本はインド文化の深い影響を受けて来ました。
 仏教は 日本人に精神的な拠り所を与え、サンスクリット語を基に作られた五十音図表は日本語の基礎になりました。現代ヒンディー語は、そのサンスクリット語の直系で、日本語と音素や文法体系が良く似ています。このため私たち日本人にとって、ヒンディー語は身近で親しみやすく習得しやすい言葉です。
 中国語・英語に次いで世界で3番目の言語、また日本を始め世界中に散らばるインド人の共通語、それが<ヒンディー語>です。あなたも歴史と宗教文化に溢れ、またITなど近代産業で将来性豊かなインドに触れてみませんか。その第一歩がヒンディー語の学習です。

■クラスの開講条件と授業回数、授業スケジュールについて

開講条件
入門クラスは、全回受講生4名から全14回にて開講します。
初級~上級クラスは、全回受講生3名から全14回にて開講します。
開講決定
開講の可否は各クラスの開講日の1週間前に決定し、お知らせ致します。開講人数を満たせず不開講となった場合は開講日の1週間前にご連絡し、お支払いの全額を返金致します(手数料当方負担)。
授業日
授業日はクラス紹介内の授業スケジュール(PDFファイル)をご確認ください。

■授業見学について

  • 授業時間の半分(45分間)まで無料にてご見学いただけます。
  • 90分間のご見学の場合、2,400円を申し受けます。
  • 1言語につき2回までご見学いただけます。

■部分参加(途中参加・退学)について

■休講・補講について

  • 講師の急病などによりやむを得ず授業をできない場合には、代理の講師による授業または当日は休講とし後日補講を行わせていただく場合がございます。
  • また、天候、交通事情などによる休講は、状況によりその都度判断いたします。急な休講の場合は受講票の「休講時の連絡先」にご連絡をさせていただきます。あらかじめご了承ください。

対応するまなび舎と活動舎

manabiya_katsudoya.jpgまなび舎:ヒンディー語講座

yazirushi.jpg

manabiya_katsudoya.jpg活動舎: